ニュース

〈新型コロナ〉岡山県で過去最多129人の感染確認、高齢者3人が死亡 知事がまん延防止等重点措置の適用へ向け国と協議

 岡山県では7日、1日あたりとしては過去最多の129人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。
 伊原木知事は「まん延防止等重点措置」の適用へ国と協議に入りました。

 自治体によりますと7日に新型コロナの感染が確認されたのは、岡山市で93人、倉敷市で28人など、岡山県で過去最多の129人です。
 岡山県は新型コロナで入院中の高齢者3人が死亡したと発表しました。

 岡山県の1週間の感染状況は国が示す7つの指標のうち、「病床の使用率」「療養者数」「新規陽性者数」の3つが爆発的な感染拡大が懸念されるステージ4の基準を上回り、残る3つの指標もステージ4に迫っています。(4月29日~5月5日までの1週間)

 伊原木知事は「まん延防止等重点措置」の適用へ向け国と協議に入ったことを明らかにしました。対象となる地域や期間は未定です。

(岡山県/伊原木隆太 知事)
「経済を回すのではなくて感染拡大を防止する段階に入っている。まん延防止等重点措置を認めてやろうっていうことであればわれわれは歓迎します」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース