ニュース

〈新型コロナ〉岡山県の緊急事態宣言解除初日 施設や飲食店で営業再開・酒類提供も

 21日、岡山県では緊急事態宣言解除の初日です。営業を再開した施設や飲食店などは20日から準備に追われていました。

営業再開を「首を長くして」待っている動物たち

 岡山市の池田動物園では20日、従業員が清掃などを行いました。

(池田動物園/佐々木優真さん)
「きょうはテンションが高いのかめっちゃ鳴いてますね。あの子たち、お客さんいるといないとで全然違いますからね」

 池田動物園は緊急事態宣言を受け、5月16日から休園していました。2021年4月に公開されたアミメキリンのサンタロウも、21日の営業再開を首を長くして待っています。

(池田動物園/赤迫良一 総務部長)
「これほど長く休んだこともなかったですから、お客様がずっといないのは非常に寂しい期間でしたのであしたが楽しみ。動物たちにちょっと元気をもらうような気持ちでお越しいただけたら」

岡山市でも時間限定でお酒の提供が可能に

 岡山市のクラフトビール専門店です。時間は限定されますが、酒の提供も可能になりました。休んでいたディナーの営業も再開します。

(麦酒島 omotecho/小萩倫久 オーナー)
「なんか久しぶりな感じしますね、毎日やってたんで」

 酒の提供をやめてから売り上げは9割減。ビールサーバーの点検にも熱が入ります。

(麦酒島 omotecho/小萩倫久 オーナー)
「約1カ月ぶりにお酒が提供できる喜びがあるのと、その間、常連さまにお会いできてなかったので、また足を運んできていただけるのが楽しみ」

県営の施設も再開

 そして緊急事態宣言解除初日の21日。県営の施設も続々と再開しました。

 岡山県総合グラウンドでは、朝から活動をしている人の姿がありました。

(活動をしていた朝露会のメンバーは―)
「正月以外は毎日(活動していた)。こんなに空いたのは初めて。体を動かすことですから気持ちがいいです」
「すかっとしました。スポーツ、運動することがいかに大事かよく分かった。生きがいです」
「喪があけたような気がしました、みんなに会えて。テニスしたら食事もおいしいし、新型コロナは早く過ぎ去ってほしい」

 岡山市北区の岡山後楽園は午前7時半に開門しました。休園中も手入れされていた園内では、オオガハスの花が開いています。

(訪れた人は―)
「久しぶりにこれましたから楽しみで。毎日きてるんですよ、健康のためにね」

活気にあふれる酒店

(記者リポート)
「こちらの酒店では久しぶりにまとまった注文が入り、活気にあふれています」

 主に岡山市の飲食店に酒などを卸している酒店です。緊急事態宣言中の売り上げは9割減でした。

(リカーランドアヤノ/遠藤晃治さん)
「この1カ月はジュースとかノンアルコールしか運べなかったので、全然仕事がない状態だったので厳しかった」

 宣言中は従業員の出勤を1人か2人に減らして対応しましたが、21日は9人全員で配達します。ようやく日常が少し戻りました。

(リカーランドアヤノ/綾野富夫 社長)
「この日が来るのを本当に心待ちにしてた。ずっと我慢辛抱重ねてきたので。何人もの方が買い物しに来てくれた、それが本当にうれしかった。飲食店のニーズに合った新しい商品の提案や、新しい飲み方の提案ができるような酒屋になっていきたい」

営業再開に「うれしいの一言」

 宮下酒造が経営するレストランです。緊急事態宣言の後、ビールなどを提供できないため5月24日から休業していました。

 店を訪れた男性が注文したのは、生のクラフトビールが3酒類楽しめる「ビール飲み比べセット(1320円・税込み)」です。

(客は―)
「おいしい。久しぶりです。指折り数えて待ってました」

 飲食店にとっても利用客にとっても約1カ月ぶりの、何ものにも代え難い時間です。

(酒工房 独歩館/河田直之 マネージャー)
「うれしいの一言、たくさんのお客様から問い合わせも休業中にいただいたので、しっかり来ていただけるようになれば」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース