ニュース

〈新型コロナ〉高松市は64歳以下のワクチン接種受け付けを当面延期

 高松市は64歳以下への新型コロナワクチンの接種について予約の受け付けを当面延期すると7日に発表しました。

 高松市は64歳以下の市民に対して、7月14日から接種券を発送する予定です。

 当初は接種券が届き次第予約できるとしていましたが、国からのワクチン供給量が7月は6月の半分ほど、8月以降も少ない見通しであることから、予約の受け付けを当面延期することを決めました。

 高松市は7月中に64歳以下の予約を受け付け始め、8月、接種を開始するとしています。具体的なスケジュールや体制は来週発表予定です。

(高松市/大西秀人 市長)
「必ず希望者についてはワクチンは打てるということでございますので、どうか冷静に対応していただきたい」

 一方、65歳以上の高齢者や高齢者施設従事者、基礎疾患がある人への接種は予定通り7月中に終了する予定です。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース