ニュース

〈東京五輪〉「自慢の娘」豪に快勝!原田のどか選手に両親からエール ソフトボール日本初戦

 東京オリンピックの全ての競技で最初となるソフトボールの予選が21日始まりました。岡山県総社市出身の原田のどか選手も勝利に貢献しました。

 東京オリンピックの開会式に先駆けて行われたソフトボールの初戦。対戦相手はオーストラリアです。

 総社市出身の原田のどか選手(29)は1番ライトでスタメン起用されました。

 1回裏の攻撃、原田選手最初の打席はうまくバットを合わせますがセンターフライに倒れます。

(観戦の様子)
「よっしゃ!あーーっ」

 原田選手の父・康位さん(56)と母・留美さん(56)は総社市の実家から応援していました。

 原田選手は家族に向けて20日、こんなメッセージを伝えていました。

(原田選手からのメッセージ)
「ここまでいろいろなことがのどか自身にもみーんなにも家族にもあったけどまだまだ人生過程。だからこそこのソフトボール人生の中の明日から最高に楽しんできたいと思います!」

 原田選手は小学3年生の時に野球を始め、高校時代にソフトボールの道を選び、日本代表を目指して努力を続けていました。

(原田選手の母/留美さん)
「やめたかった時もあったし、何をしたかったのかというと最終的にソフトボールだったのでそれが(五輪に出る)夢が叶って良かった」

 試合は3回裏 1-1と同点の場面で原田選手に打席が回ります。

 セカンドゴロを打った原田選手は相手の送球がそれた間に2塁へ進みます。
 続く2番・内藤が2ランホームランを放ち原田は勝ち越しのホームを踏みます。

(原田選手の父/康位さん)
「チームに貢献できただけで万々歳。(HRを打った)内藤さんに感謝」

 4回裏には1アウト1、3塁のチャンスに原田選手。犠牲フライで追加点をあげ、6-1とリードを広げます。
 その後も得点を重ねた日本。5回 8-1でオーストラリアにコールド勝ちしました。

(原田選手の父/康位さん)
「十分満足。日本チームに貢献できただけで満足」

(原田選手の母/留美さん)
「自慢の娘なので元気で頑張って皆さんに笑顔を伝えられれば」

 日本代表は22日、メキシコと対戦します。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース