ニュース

〈東京五輪〉「迫力が全然違う!」岡山県美作市で7人制ラグビー・米代表が練習を公開

 岡山県美作市では、東京オリンピックに出場する7人制ラグビーのアメリカ代表が本番前の最終調整を行っています。

 7人制ラグビーのアメリカ代表は男女ともに美作市で事前合宿を行っています。新型コロナ対策として宿泊施設を1棟借り上げ、選手とスタッフ合わせて51人は、毎日PCR検査を行っています。

 7人制ラグビーは前回のリオオリンピックで正式種目に採用されました。15人制ラグビーと同じ広さのフィールドを7人でプレーします。
 20日は市民限定で練習が公開され、訪れた人は離れた場所から応援していました。

(見学した市民は―)

「全然迫力が、あたる時の迫力が全然違います。自分自身サッカーしているのでサッカーとラグビーも楽しみになりました」

「(代表選手を)こういう機会がないと見ることがないので。日本でのオリンピックは、僕は初めてなのでちょっとわくわくしている」

 アメリカ代表の事前合宿は22日まで行われます。

 「セブンズ」とも呼ばれる7人制ラグビーは、一瞬のプレーがトライにつながるなどスピーディーな展開が魅力的です。日本、アメリカともに男子は26日から、女子は29日から予選リーグが始まります。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース