ニュース

にゃんとも素敵♪ お庭番頭「黒の助」のフォトブックお披露目 岡山市・夢二郷土美術館

ADVERTISEMENT

 岡山市の美術館にすみ着いた黒猫のにゃんとも素敵なフォトブックが完成し、22日、お披露目されました。

 2016年岡山市の夢二郷土美術館にすみ着いた「黒の助」。画家の竹久夢二が描いた黒猫にそっくりだと人気者になりました。

 「お庭番」として美術館で癒やしを届けてきた活動が認められ2021年12月、「お庭番頭」に昇格しました。昇格を記念して初めてフォトブックが作られ、22日お披露目されました。

 フォトブックには「黒の助」の子猫時代の貴重な姿や美術館での仕事ぶりなどが掲載されています。

(夢二郷土美術館/小嶋ひろみ 館長代理)
「黒の助くんは、夢二の描いた猫にそっくりなんですけれども、黒の助を通して夢二に触れていただいたり、それから美術館という場に触れていただいたりということがあればいいなと思っています」

 フォトブックは500部つくられ、1部1000円で22日から夢二郷土美術館などで販売されています。ミニトートバックとのセットは1320円です。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース