ニュース

入れない・捨てない・広げない 身近な外来生物について考える展示会 岡山市

 私たちの身近な所にいる外来生物について考える展示会が、岡山市で開かれています。

 外来生物について学んでもらおうと、環境学習センター・アスエコが開いているものです。

 外来生物のウシガエルは、100年ほど前アメリカから食用で持ち込まれ、国内に広がりました。外来種は、本来国内には自然分布しない海外から持ち込まれた生物で、生態系への悪影響が心配されています。

 会場には、外来生物に関するパネルや小冊子模型などが展示されています。環境省では外来種について、入れない・捨てない・広げないの被害予防三原則を示しています。

(環境学習センター アスエコ/谷口瑞穂さん) 「私たちにできることは、入れない・捨てない・広げないっていうことをとても大切にしてもらって、そういうことが大事だっていうことを知ることが第一歩だと思うんです」

 外来種を学ぶ企画展は、2月14日まで開かれています。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース