ニュース

お腹の一部を切り開いて卵巣の有無を確認 岡山・新見市の養魚場でチョウザメの性別を判別する作業

ADVERTISEMENT

 岡山県新見市の養魚場で、チョウザメの性別を判別する作業が行われています。

 新見市唐松の養魚場「MSファーム」は1万8000匹のチョウザメを飼育していて、年間50キロから70キロのキャビアを生産しています。

(MSファーム 養殖課/義国武範 課長) 「プチプチというのが無くて、とろっと口の中で溶けていくっていうのが(新見市の)フレッシュキャビアの特徴です」

 チョウザメは性別の判断が難しく、医療用の器具でお腹の一部を切り開いて卵巣の有無を確認します。その時間はわずか2分。

 性別が分かるとオスは食用に出荷します。メスは成魚になるまで3年間飼育し、卵を採ってキャビアに加工します。

 MSファームでは今年、4000匹の性別を年末までに判別します。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース