ニュース

西日本豪雨の被災地で水害に強いまちづくり進む 倉敷市真備町の小田川3支流で治水対策 岡山

 西日本豪雨の被災地で水害に強いまちづくりが進んでいます。岡山県備中県民局が倉敷市真備町の住民向けに説明会を開き、治水対策工事の進捗状況などを報告しました。

 2018年の西日本豪雨を受け、岡山県や国は「真備緊急治水対策プロジェクト」を策定し、小田川や3つの支流の堤防強化工事などを進めています。

 県の担当者は住民に3つの河川の工事に必要な用地の取得が9割方終わったことや、工事の進捗率が50パーセントになったことなどを報告しました。

 また、小田川の支流末政川に架かる有井橋の架け替え工事の影響で、2021年4月から2年間、付近の約200メートルの区間が通行止めになると説明しました。

 工事では橋の高さを今よりも3メートル高くし、「陸こう」と呼ばれる堤防の切れ目を板でふさぐ設備を廃止します。

 県の調査によると、通行止めになる区間では12時間あたり約8000台の車が通るため、工事期間中は国道486号への迂回を呼び掛けます。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース