ニュース

ことでん「伏石駅」駅前広場が完成 公共交通の要所に 高松市

ADVERTISEMENT

 公共交通の要所を目指します。6日、高松市のことでん伏石駅前の広場がオープンし、路線バスなどの乗り入れが始まりました。

 6日のオープニングセレモニーには高松市の大西市長やことでんの真鍋社長らが出席しました。

 高松市太田下町のことでん伏石駅前広場は高松市が約15億円かけて整備しました。

(高松市/大西秀人 市長)
「市民の皆さまからすれば、より効率的に移動ができる、あるいはこれまで公共交通機関で行けなかったようなところも、いろいろな所へ行けるということで利便性が高まるというふうに思っております」

 7日からは路線バスと高速バス、合わせて3つの路線が乗り入れています。

(バスの利用者は―)
「ここができるようになってからちょっと行ってみようかなと思って、きょう初めてバスに乗っていこうかなと思っています」
「バスに乗って図書館行くの」

 高松市は鉄道を軸にした公共交通の再編を進めていて、「ことでん伏石駅」はその事業の一つとして去年11月にオープンしました。

 今回完成した駅前広場にバスが乗り入れることで、鉄道と連携してより効率よく市の中心部と郊外を結ぶことができると期待されています。

(高松琴平電気鉄道/真鍋康正 社長)
「何よりもバスとの連結をすごく意識して作っています。誰でも移動できるような街を作っていく」

 ことでん伏石駅前広場には来年4月に、さらに2つの路線バスが乗り入れる予定です。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース