ニュース

DX推進人材を育成 香川大学と日本マイクロソフトが連携協定

ADVERTISEMENT

 DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する人材を育成し大学改革と地域活性化をしようと、香川大学と日本マイクロソフトが連携協定を結びました。

 20日の締結式では香川大学の筧善行学長と日本マイクロソフト執行役員常務の佐藤亮太さんが協定書にサインしました。

 この協定では、デジタル技術で生活やビジネスなどをより良いものへ変革するDXを推進する人材の育成や、DX推進による大学の改革、地域活性化の取り組みを行います。

 そのために、マイクロソフトは最新のデジタル技術を学ぶ環境を提供したり、人材育成を支援したりするということです。

(日本マイクロソフト/佐藤亮太 執行役員常務)
「これだけ社会として前進する、DXの本当の姿が見えてくる。こういう成功パターンをいろんな方々に見ていただく」

(香川大学/筧善行 学長)
「気が付いたらあらゆるところでデジタルトランスフォーメーションが進んでいるという形にしたい」

 日本マイクロソフトがDX推進について包括的に大学と協定を結ぶのは、全国で初めてだということです。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース