ニュース

新型コロナや災害対策、デジタル化に重点 香川県知事「次期総合計画」に沿った予算案を議会に提案

ADVERTISEMENT

 2月定例香川県議会が17日に開会し、新年度の当初予算案などが提案されました。

 また、浜田知事は新年度からの県政運営の指針となる「次期総合計画」の骨子を説明しました。

(香川県/浜田恵造 知事)
「いま一度、本県の強みや魅力を見つめ直すとともに時代の変化を捉え、本県の将来にとって必要と考える新しい取り組みにもチャレンジする香川らしい取り組みとなるよう」

 浜田知事は新型コロナ対策や災害対策、デジタル化などの社会変革への対応などに重点を置いた次期総合計画について議会に理解を求めました。
 また、総額約4761億円の新年度の一般会計当初予算案など、30の議案について提案理由を説明しました。

 当初予算案は次期総合計画の骨子に沿って、新型コロナの検査体制の充実や医療提供体制の整備、ため池の防災対策、テレワークを活用した移住や企業誘致などの事業費を盛り込んでいます。

 2月定例香川県議会は2月22日に代表質問が行われ、会期は3月19日までです。


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース