ニュース

岡山県公立高校の一般入試「平均倍率1.03倍」 3年連続で過去最低を更新

 25日に提出が締め切られた、岡山県公立高校の一般入試の倍率が発表されました。

 岡山県の県立全日制50校では、特別入試の内定合格者を除く7520人の募集に対し、7761人が志願しました。

 平均倍率は1.03倍で、前の年を0.03ポイント下回り、現在の入試制度が始まってから3年連続で過去最低を更新しました。

 市立全日制2校の平均志願倍率は0.57倍です。

 岡山工業の建築科とデザイン科で1.85倍と最も高い倍率となっています。

 また、27校50科1コースが定員割れしています。

 岡山県公立高校一般入試は、3月9日に学力検査、10日に面接や実技が行われ、17日に合格者が発表されます。

関連ニュース

新着ニュース