ニュース

ホームセンターで「防災フェア」 防災士の資格を持つ従業員などから説明も 高松市

 高松市のホームセンターで13日に防災フェアが開かれ、多くの人でにぎわいました。

 東日本大震災から10年の節目に防災の意識を高めてもらおうと西村ジョイが開きました。

 会場には約20のブースが設けられ、防災・減災グッズが並びました。

 ブースは保存食や停電対策などテーマ別にわかれていて、防災士の資格を持つ従業員などから説明を受けることができます。
 若い世代にはキャンプやアウトドアを足掛かりに関心を持ってもらおうと、関連商品をそろえました。

(西村ジョイ成合店/柾木智也 店長)
「防災用品という商品もありますけど、防災用品と付かない商品。例えば、キャンプ用品やアウトドア用品も身近な防災用品に変わるということを知ってもらえたら」

 このフェアにはKSBもブースを出展し、防災士の資格を持つ赤木由布子アナウンサーが「災害時に役立つキャンプ術」をテーマにトークショーを行いました。

関連ニュース

新着ニュース