ニュース

岡山・倉敷商が奈良・智弁学園と対戦 「粘り強さ」を見せるも初戦で敗れる【高校野球 夏の甲子園大会】

ADVERTISEMENT

 夏の甲子園は、11日で2日目。
 第1試合に岡山代表の倉敷商業が登場し、奈良の智弁学園と対戦しました。

 倉商の先発は背番号10の三宅貫太郎。
 三宅は2回に連続で三振を奪うなど好投を見せます。

 4回。智弁学園に先制点を許し、エース・永野司にマウンドを譲ります。しかし5回表、永野も強力打線につかまり点差が広がります。

 10点を追い掛ける倉商は9回。先頭のキャプテン・山下と、続く藤森が連打でチャンスを作ると、9回から守備に入った品田が1点を返し、続く西川。

(実況)
「連打、連打、4連打!」

 さらに1点返します。その後、1アウトとなり8番、柏内。相手の送球がそれる間にもう1点追加!

 倉商は初戦で敗れましたが、甲子園でもチームが大事にする「粘り強さ」を見せました。【倉敷商 3-10 智弁学園】

(倉敷商/山下周太 主将)
「打てずに点取れなかったというのが力がなかったなと思います。今のチームは2年生が多いので、経験もあるので、来年も甲子園出て勝ち上がってほしい」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース