ニュース

東京パラでも注目 小学生がボッチャを体験「思っていたより難しかった」 高松市

 高松市の小学生が、東京パラリンピックで日本がメダルを獲得した「ボッチャ」を体験しました。

 「ボッチャ」はジャックボールと呼ばれる白いボールに自分のボールをいかに近付けられるかを競う競技です。高松市の香南小学校はパラスポーツの面白さを知ってもらおうと、2020年から授業の一環で5年生がボッチャを体験しています。

 子どもたちは香川県ボッチャ協会の指導員に教えてもらいながら試合などを体験しました。

(体験した児童はー)

「思っていたよりもジャックボールとかに近付けるのが難しくてボッチャの見方が変わりました」

「もっといろいろなパラスポーツのことを知って実際に体験してみたくなった」

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース