ニュース

小学生が「ゴールボール」を体験! 講師に東京パラ出場の田口侑治選手 香川・さぬき市

ADVERTISEMENT

 香川県さぬき市の小学生が、東京パラリンピックの正式種目「ゴールボール」を体験しました。

 さぬき市の志度小学校で行われた「ゴールボール」の体験会には、5年生77人が参加しました。

 子どもたちに障害への理解を深めてもらおうと、香川県教育委員会が企画したもので、東京パラリンピックに出場した田口侑治選手が講師を務めました。

 視覚障害のある選手がプレーする「ゴールボール」は、鈴が入ったバスケットボールほどの大きさのボールを互いに投げ合い、相手のゴールを狙います。小学生たちは目隠しをして、お互いにボールを投げたり、受け止めたりして、ゴールボールを体験していました。

(体験した児童は―)

「テレビで観るより迫力があってすごかったです」

「視力が見えないと大変だなあと思うことは感じました」

(東京パラリンピックに出場/田口侑治 選手)
「ゴールボールの深みっていうところを知ってもらえたので良かったです」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース