ニュース

「着られてうれしい」高校生が自作の浴衣で1日過ごす 和装文化を体験 岡山

ADVERTISEMENT

 和装の文化を体験します。高校生が自分で作った浴衣を着て学校での1日を過ごしました。

(生徒は―)
「自分で(浴衣を)作れてすごいうれしくて、きょう着るのもすごい楽しみです」

(記者リポート)
「生徒たちが浴衣に着替えています。果たして上手に着こなせるのでしょうか」

 興陽高校の被服デザイン科では毎年1年生の時に自分で浴衣を作っています。興陽高校では2021年から「ゆかたの日」として自分で作った浴衣を着て過ごす日を設けています。

 被服デザイン科の生徒らに浴衣の着方や和装での立ち振る舞いなどを学んでもらうことなどが目的です。

 夏の訪れを感じさせる色とりどりの浴衣に身を包んだ生徒たち。少し慣れない様子でいつもの机に座り、授業に臨んでいました。

(生徒は―)
「浴衣を着る機会とかあまり無いので、こういう時に着られてうれしいなと思います。暑いです~」
「シンプルに暑いです。猫背なんで、なんか猫背治った感じです」



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース