ニュース

岡山県で死んだ野鳥から鳥インフルエンザの陽性反応 県はすべての養鶏場に衛生管理の徹底を要請

  岡山県矢掛町で見つかった野鳥の死体から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が確認されました。

 岡山県によりますと、4日午前矢掛町の住宅の庭で「死んだハヤブサが見つかった」と住民から県に連絡がありました。

 死体を回収し、鳥インフルエンザの簡易検査を行ったところA型の陽性反応が出ました。

 岡山県は検体を鳥取大学に送って高病原性かどうかなど詳しい検査を行うことにしています。

 現場から半径3キロ以内に養鶏場はありませんが、岡山県は県内すべての養鶏場に衛生管理の徹底を要請したということです。

関連ニュース

新着ニュース