ニュース

大雨の時期を前に 岡山・新見市で落石防止対策

ADVERTISEMENT

 大雨の時期に発生しやすい落石事故を防ぐため、岡山県新見市で道路脇の網にたまった石を取り除く作業が行われました。

 新見市哲多町花木の県道で、県民局の職員らが落石防護網にたまった石などを取り除きました。

 大雨によるがけ崩れで網が破れるなどし、道路に石などが転がるのを防ぐためです。

 新見地域事務所によりますと2021年度、新見市では26件の落石が確認されました。けが人はいませんでしたが、パンクなどの車の事故が3件あったということです。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース