ニュース

リュウキンカの花が見頃 岡山

ADVERTISEMENT

 岡山県新見市哲西町にある国の天然記念物「鯉が窪湿原」には約380種類の湿生植物が自生しています。

 リュウキンカの花は20アールほどの範囲に群生していて、冬枯れのハンノキの下を黄金色に染めています。2センチほどの小さな花が光沢のある緑色の葉と美しいコントラストを見せています。

 湿原を囲む遊歩道では広葉樹が芽吹いていて、新緑や野鳥の声を楽しみながらウォーキングを楽しめます。鯉が窪湿原のリュウキンカは、5月半ばごろまで見頃だということです。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース