ニュース

特集

薬剤師が提案する「非常持ち出し袋」 衛生面に特化した中身とは 岡山【こつこつ防災】

ADVERTISEMENT

 防災の話題をお伝えする「こつこつ防災」。今回は、薬剤師が提案する非常持ち出し袋を紹介します。薬剤師ならではの視点が生かされています。

 薬剤師が提案する非常持ち出し袋には、医薬品や衛生用品など15点が入っています。提案したのは、就実大学薬学部付属の「しゅうじつ薬局」です。

(就実大学 薬学部/吉井圭佑 助教)
「ホームセンターなどでも災害バッグが売られている。皆さんお持ちになっている方が多いので、持っていらっしゃることを前提に、薬剤師から発信ということで、比較的、医薬品とか衛生用品に特化したものを意識して(オリジナル非常持ち出し袋を)作成をいたしました」

 考案した吉井圭佑助教は就実大学薬学部で学生を指導しながら、災害が起きた際医薬品を供給する仕組みを作る県の災害薬事コーディネーターも務めています。

(就実大学 薬学部/吉井圭佑 助教)
「2018年の真備の災害がひとつの契機だと思っています。実際に現場の方に行かせていただきまして、夏場だったので、汗もだったりとか、粉じんが舞って目がかゆいという患者さんがおられたので、自分で治療できるんであれば(と考え)、それが(提案する)きっかけでしたね」

 持ち出し袋の中身は、実習を兼ね学生と一緒に選びました。選ぶ際、西日本豪雨の経験が生かされたそうです。

Q.具体的な中身は?

「こちらは『白色ワセリン』といいます。皮膚を保護するものになります。真備の災害の時に皮膚の症状が多かった。夏場だったので、あせもだったりとか脇とか擦れるところっていうのが非常に赤くなりがちだったので、こういう白色ワセリンというのが非常に有益だったというのがありまして、今回入れております」(白色ワセリンソフト 690円)

「口腔ケアですねウエットシートというものです。なかなか口を磨くシートっていうのはあまり聞いたことがない方もおられるかもしれないんですけれども、自由に使えるお水っていうのがなかなか難しかったりします。口の中を単純なウエットシートで拭いてあげることによって、口腔内の衛生をケアするというものになります」(口内清潔ウエットシート 440円)

 他にも、消毒剤や洗眼薬、ぬれタオルなど衛生用品が充実しています。さらに……。

「お水でもお湯でも注ぐと簡単においしいご飯が食べられるということで選ばさせてもらいました。基本的に5年はもつというもので、時にご自宅で食べてもらって、また新しいものを買ってもらってローリングしていくというようなかたちですね」(長期保存食 340円)

 日常生活の中で非常食を蓄える「ローリングストック」の普及を促すため、長期間保存が利く食材を入れています。

 薬剤師が提案する、衛生面に特化した非常持ち出し袋。各家庭でも参考にしてみてはいかがでしょうか。



関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース