ニュース

県が新しい県立体育館の基本設計を説明 収容人数は中四国最大級の約1万人、2023年度の完成目指す 香川

 新しい香川県立体育館について検討する県議会の特別委員会が開かれ、県が基本設計を説明しました。

 新しい香川県立体育館は、サンポート高松に170億円から190億円で整備するものです。  基本設計は、公募による審査の結果選ばれた東京の設計事務所が担当しています。

 スポーツの国際大会やコンサートなどさまざまな用途に利用できる多目的アリーナで、収容人数は中四国最大級となる約1万人を予定しています。円形ドーム形状のメインアリーナとサブアリーナを中心としたモダンなデザインが特徴です。

 委員からはデザイン優先による「機能性や安全性への不安」や「集客力の物足りなさ」などの指摘がありました。  香川県は今後も検討を重ね、2023年度の完成を目指します。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース