ニュース

ピッカピカのだるまや食器がずらり!高松三越で「大黄金展」

 きらびやかな金製品を一堂に集めた「大黄金展」が高松市のデパートで始まりました。

 高松三越で始まった「大黄金展」。会場には、金箔約1700枚を使った「金箔だるま」や豪華な食器、仏具など約1000点がずらり。

 中でも目を引くのが、職人が手作業で仕上げている「黄金のおりん」です。

(中濱綾那リポート) 「黄金のおりんは、叩いてから音が消えるまでの時間が非常に長いのが特徴で、優しい音色を長く楽しむことができます」

(来場者は―) 「やっぱりな高級なけん感じが違う、普通のとは。素晴らしい」 「金自体は、今まであまり興味はなかったんですけれども、きょう見て素晴らしいなと思いました」

 新型コロナウイルスの影響で経済の先行きが見通せない中、金の価値は去年の同じ時期より1グラムあたり1000円以上高くなっていて、7000円を超えています。

 「大黄金展」は、10月26日まで開かれています。

新着ニュース