ニュース

倉敷市でチーズケーキのブランドが誕生 独自の製法でとろける食感に 岡山

 岡山県倉敷市で新たにチーズケーキのブランドが誕生し、デパートで期間限定販売が2日、始まりました。

 倉敷市に新しくできたのは、チーズケーキのブランド「倉敷チーズケーキ隊」です。

 天満屋倉敷店に期間限定でオープンした売り場には、スパイスやブルーチーズなど4種類のバスクチーズケーキが並んでいます。

 作ったのは倉敷駅近くの商店街にあるスイーツ店「はれもけも」です。

 4月、新型コロナウイルスの影響で、店舗の売り上げが前年の20パーセントまで落ち込みました。

 そこで「ネットでも販売できる商品を」と開発したのがスペインのバスク発祥のバスクチーズケーキでした。

 世界中のクリームチーズから2種類を厳選し、独自の製法でとろける食感に仕上げました。

(記者)
「おいしそうな良い焼き色ですいただきます。あっという間に口の中でとろけました。表面の香ばしさとチーズの濃厚さが絶品です」

(倉敷チーズケーキ隊 プロデューサー/犬養拓さん)
「倉敷で作っているものをいろんな方に食べていただきたい。ご両親、お子さん、お友達とかいろんな方と一緒に楽しむ場にこのチーズケーキがあるといいと思っています」

 天満屋倉敷店での販売は7日まで。「倉敷チーズケーキ隊」のホームページでも買うことができます。

関連ニュース

新着ニュース