ニュース

カモンベイビーオカヤマ! 被災地応援する動画に注目

ADVERTISEMENT

 「カモンベイビーオカヤマ!」このフレーズを使って、岡山県の観光地を盛り上げ、被災地を応援する動画が今、インターネットで話題になっています。動画の制作に携わった男性を取材しました。

 男性アイドルグループ「DA PUMP」の人気楽曲「U.S.A.」を、岡山風にアレンジした「カモンベイビーオカヤマ!」。西日本豪雨で被害を受けた岡山県の復興を応援する動画です。

 8月9日、動画投稿サイト「You Tube」にアップされるや否や、再生回数を増やし現在15万回を超えています。

 この動画制作に携わったのが、黒住宗芳さんです。撮影地の協力要請や出演者集めなどを担当しました。

 岡山市北区の宗忠神社での撮影には、最も多くの人が参加しました。

(Q.かなり人数がいましたけど何人くらいいたんですか?) (黒住教青年連盟 連盟長/黒住宗芳さん) 「90人くらいですね。あの人数が集まって、みんなの応援する気持ちを届けようと思ったら、あれくらいの人数がいた方が良いなと思いまして」

 動画を企画・制作したのは、以前、この番組でも紹介した、大崎龍史さんです。

 観光客やボランティアなど人の行き来を増やそうと、倉敷美観地区や後楽園など、観光地を中心に8カ所で撮影を行いました。

 しかし、最初に大崎さんから提案を聞いた時、黒住さんは疑問と不安があったと話します。

(黒住教青年連盟 連盟長/黒住宗芳さん) 「タイミング的に叱られるかもしれないなと思っていたんですけど、『無関心よりも不謹慎』のつもりでまずはやってみよう、まずは1人でも多くの人たちの心に、火を付けられるような活動があればいいなと」

 被災した人を元気づけるとともに、改めて「晴れの国 岡山」をアピールするため、参加した人には晴れ晴れとした、明るい笑顔を要望しました。


 制作期間は2週間、そのうち撮影に費やしたのは3日。38度を越える炎天下で、動き続けた撮影スタッフにも影響が・・・

(黒住教青年連盟 連盟長/黒住宗芳さん) 「ツイッターで参加してくれる人には『熱中症対策に気を付てください』って熱心に発信していたんですけど、自分がなるっていう」 (Q. 大崎さんが?) 「大崎君が。寝不足と頑張り過ぎと」

 そんな若い世代の熱い思いに押されて参加したのは、岡山県の伊原木隆太知事です。

(岡山県/伊原木隆太 知事) 「あんまりダンスとか歌がうまい方から、何番目という感じではないですよね。でも、とにかく思いが詰まっているビデオだと思います。ボランティアもありがたい、寄付もありがたい、でも観光にお越しいただくのは本当にこの被災地を応援するありがたいことなんです、ということが素直に伝わる動画を大変ありがたく思っております」

「こんな時だからこそ、前を向いていきたい」黒住さんの思いは、確実に広がっています。

(黒住教青年連盟 連盟長/黒住宗芳さん) 「単純に再生回数が増えてうれしいだけではなくて、これがいつか誰かのワンアクションを生まないと、期待通りの結果とは言えないので。やっぱり関心を持ち続けてもらうということ、それをどういうふうに自分ができるのかな、どういうふうにしたら、みんなが関心を持ち続けてくれるのかなというところを、念頭に置いて動いていきたいなと思っています」


関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)


新着ニュース