ニュース

次世代の「地域のリーダー」育成目指して 香川大学と高松北中学校・高校が協定

 中学から大学までの10年間で地域のリーダーを養成しようと、香川大学創造工学部と高松北中学校・高校が協定を結びました。

 香川大学創造工学部の末永慶寛学部長と高松北中学校・高校の國木健司校長が協定書に署名しました。

 協定によりますと、高松北中学校・高校の生徒は香川大学の職員の指導で地域の自然や地質などを学び、環境や防災などの地域課題に取り組みます。

 また、共同で香川県の産業振興や活性化などの研究も行うことで、次世代の地域社会のリーダー育成を目指します。

関連ニュース

新着ニュース