ニュース

農家ならではのレアな「いちご大福」を召し上がれ♪ 岡山・美作市の農園が新商品の販売開始

 岡山県美作市のイチゴ農園が「いちご大福」の販売を始めました。農園ならではのレアないちご大福が楽しめます。

 85アールのハウスで「おいCベリー」や「紅ほっぺ」など4つの品種のイチゴを栽培している美作市の美作農園。4月下旬、これらを使った新商品の販売を始めました。

(記者リポート)
「今回、新発売されたのがこちらの4つのいちご大福です。4品種のイチゴ、それぞれの味が楽しめます」

 中でも、おすすめは「章姫(あきひめ)」の大福です。

(美作農園/春名充明さん)
「やわらかくて大福にはあまり向いていないんです。レアないちご大福です」

 「章姫」はあまり日持ちがしないため流通に向かず、大福に使われることは少ないそうです。しかし、ここでは朝に収穫したイチゴを使うため、酸味が少なくて果汁が豊富な「章姫」の特徴を生かした大福が提供できるんです。

 イチゴ本来の甘酸っぱさが堪能できる「紅ほっぺ」に、ビタミンCが豊富な「おいCベリー」、甘みと酸味のバランスがいい「さちのか」など4種類の食べ比べができるのもイチゴ農園ならではです。また、モチ生地にはイチゴハウスの隣で栽培した「ヒメノモチ」を100パーセント使っています。

(美作農園/春名充明さん)
「外出しにくい時期になっていると思うんですけど、ぜひ買っていただいておうちで食べていただけたら。一瞬だけ、大福を食べて幸せになってもらえたらいいと思います」

 いちご大福は、主に土・日・祝日に美作農園の直売所の他、県内のサービスエリアやスーパーなどでも販売されています。イチゴの生育状況によって全ての品種がそろわない場合もあるということです。

関連ニュース

新着ニュース