ニュース

「吾輩は猫である」をモチーフに ニューヨークで活動する画家・依田洋一朗さんの展覧会 高松市

ADVERTISEMENT

ADVERTISEMENT


 ニューヨークで活動する画家・依田洋一朗さんの展覧会が、高松市の美術館で開かれています。

 こちらを見つめる黒猫の油絵。タイトルは「I Am A Cat」。夏目漱石の小説「吾輩は猫である」に登場する猫をモチーフに描いたものです。

 作者の依田洋一朗さんはニューヨークで活動していますが、生まれは高松市です。アメリカの劇場や俳優を中心に描いてきましたが、初めて日本の小説を題材に制作しました

 「吾輩は猫である」の個性豊かな登場人物のポートレートが並びます。

 猫である「吾輩」の家の手伝いとして仕える「おさん」が、「吾輩」の首筋をつかんで外へ放り出す時の様子を描いた作品は、お互いの表情が関係性を物語っています。

 この展覧会は9月11日まで開かれています。

関連ニュース

あわせて読みたい

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース