ニュース

香川県議会 総額19億円あまりの一般会計補正予算案が可決 PCR検査の費用など盛り込む

 30日、香川県議会の臨時議会が開かれ、総額19億円あまりの一般会計補正予算案が可決されました。

 可決された一般会計補正予算案には、飲食店の従業員や障害者支援施設などの職員を対象としたPCR検査の費用などが盛り込まれています。

 また、新しい議長に自民党香川県政会の十河直さん(79)が、副議長に同じく県政会の高城宗幸さん(69)が選ばれました。

関連ニュース

新着ニュース