ニュース

新型コロナによる“変化”見据えた「学校教育」とは? 知事や教育委員らが意見出し合う 香川

 香川県では、新型コロナによる変化を見据えた今後の学校教育について、知事や教育委員らが意見を出し合いました。

 香川県庁で開かれた総合教育会議には浜田知事や工代教育長ら7人が出席しました。

 この中で、今年度、臨時休校による学習の遅れを補うために県全体で88人の教員を追加で配置したことや、約170人の学習支援員を配置したことなどが事務局から報告されました。

 出席者からは、「遠隔授業に対応できるICT環境を一層整備する必要がある」や、「受験や就職活動を支援していかないといけない」といった意見が出ていました。

関連ニュース

全国ニュース(ANN NEWS)

新着ニュース